V.A


馬場 浩史(STARNET、馬場浩史環境設計事務所主宰)

1958年
埼玉県生まれ。2歳の時、ファッションデザイナー熊谷登喜夫と出会い、東京、パリ、ミラノを拠点にパートナーとしてTOKIO KUMAGAIブランドのプロデユースを取り仕切る。
1991年
遊星社設立。企業の新規事業のプランニングやプロデユース等にかかわりながら、環境に配慮したプロダクツの開発(衣食住全般)執筆、舞台やインスタレーション等の作品の発表活動を続ける。
1998年
益子町にSTARNETをオープン。Gallery+Cafeそして陶器やコスチュームの工房を併設。
2004年
馬場浩史環境設計事務所設立。
2004年
展覧会やワークショップ、コンサートの開催を目的とするホールSTARNET ZONEを,オープン。
2007年
民間療法による身体の手当を目的とした野草茶寮や鍼灸院を併設RECODEをオープン。
2007年
STARNET MUZIK活動開始。その土地の風土性から発展させた未来に持続可能で暮し全般に渡るライフスタイルの創造をめざし活動を継続中。

遠藤 晶美(コンポーザー、ギタリスト)

90年代、馬場浩史監督によるステージアート&パフォーマンスの舞台音楽制作を手がけ、近年においてはスターネットZONE、BK Design Studioコレクション(05年)に楽曲を提供、ギタリストとしてステージに参加するなど、馬場浩史氏とのコラボレーションは長く多岐に亘っている。03年、ソロ・ アルバム「The Song of Earth and Sky」(サイレント・ストーン・ミュージック)をリリース。その他映画、CM等の分野や様々なアーティストのサウンドプロデュースをも手がける。

山本 真空(音象派作曲家)

80年代KABACHを結成。5枚のCD(epic sony)をリリース。「架空映画の音楽」をテーマに Something in the Airをプロデュース。BUDDHASTICK TRANSPARENTとコラボレートして4枚のCD(sharira)をリリース。同時期に、遊星社、zavtone等とコラボレーションを展開。数多くの音楽セレモニーを経験。その後、STARNETとのコラボレーションを中心に活動を続けている。

作品リスト