ラジオゾンデ


青木隼人と津田貴司のデュオ。ラジオゾンデとは「気象観測気球」のこと。ギターやオートハープ、 エレクトロニクス等によって気球から眺めた音の風景画を描く。自由学園明日館、S T A R N E T等での演奏の他、N . Y . 在住の音楽家S A W A K O のアルバム『BITTER SWEET』(12k)等に参加。08年度、shibata & asunaとともに松本・金沢・福井(8月)新潟(11月)でのライブ・ツアーを行なった。

津田貴司 TSUDA,takashi(音楽家/美術家)

90年代後半よりhofli名義でサウンドスケープに基づいたCD製作や演奏を行なう。360゜records、commune diskのコンピレーションに参加の他、2008年春、津田貴司名義で『湿度計』(STARNET MUZIK014)リリース。サウンド・インスタレーションとして『湿度計』(2007年7月、益子STARNET RECODE)、『海の呼吸』(2008年3月、葉山haco)などを発表。
現在、青木隼人とのデュオ「ラジオゾンデ」として「響き/聴こえ」を主眼においた音楽活動を展開、空間との対話を重視した演奏を行なっている。
http://d.hatena.ne.jp/hofli/

青木隼人 AOKI,hayato(音楽家)

ギター演奏を中心に、環境と共存する独自の音楽を展開。ライブ活動のほかにも、ギャラリーなどの展示空間にて会場や作家のために音楽を制作。2008年12月には「NADA ART FAIR MIAMI」(米国マイアミ)にてサウンドインスタレーションを発表。ほかに、津田貴司とのデュオ「ラジオゾンデ 」やN.Y.在住の音楽家SAWAKOとのコラボレーションなどでも活動中。自主レーベ「grainfield」からCD『guitar solo # 1』『guitar solo # 2』『morning july』『morning october』を発表している。
http://grainfield.net/

作品リスト